玄箱HGにFedoraを入れて自宅サーバを構築 - Amonution

ドメイン名取得(ieServer.net)

概要

個人でドメインを取得する方法はいくつかありますが、ここではieServer.Netを利用します。
事前にieServer.Netで登録を済ませておきます。
ieServer.Netでは、DDNSの更新を行うスクリプトを公開しているため、これを使用します。

スクリプトのダウンロード

ieServer.Net用のスクリプトをダウンロードします。

[root@KURO-F7 ~]# wget http://ieserver.net/ddns-update.txt -O /usr/local/bin/ddns-update.pl
# アドレスが変わっている可能性があるので、事前に確認しておいてください。
--00:08:57--  http://ieserver.net/ddns-update.txt
           => `/usr/local/bin/ddns-update.pl'
ieserver.net をDNSに問いあわせています... 61.197.187.238
ieserver.net|61.197.187.238|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 2,214 (2.2K) [text/plain]

100%[====================================================================================================================>] 2,214         --.--K/s

00:09:18 (27.42 MB/s) - `/usr/local/bin/ddns-update.pl' を保存しました [2214/2214]

スクリプトの設定

ieServer.Net用のスクリプトを設定します。

[root@KURO-F7 ~]# vi /usr/local/bin/ddns-update.pl

ログの格納先を変更する。
$CURRENT_IP_FILE = "/var/log/ieserver/current_ip";

ログの格納先を変更する。
$LOG_FILE        = "/var/log/ieserver/ip_update.log";

httpsへ変更する。
$DDNS_UPDATE     = "https://ieserver.net/cgi-bin/dip.cgi";

$ACCOUNT         = "among";	ユーザ登録時に入力したサブドメイン名(Amonution.comのamongにあたる部分)
$DOMAIN          = "dip.jp";	ユーザ登録時に選択したドメイン名(Amonution.comのdip.jpにあたる部分)
$PASSWORD        = "********";	ユーザ登録時に入力したパスワード

スクリプト自動実行の設定

スクリプトを自動実行するための設定を行います。

スクリプトに実行権限をつけます。
[root@KURO-F7 ~]# chmod +x /usr/local/bin/ddns-update.pl

ログ格納ディレクトリを作成する。
[root@KURO-F7 ~]# mkdir /var/log/ieserver

スクリプトを実行します。
[root@KURO-F7 ~]# /usr/local/bin/ddns-update.pl

更新ログを確認する。
[root@KURO-F7 ~]# cat /var/log/ieserver/ip_update.log
Thu Dec 13 00:17:10 2007 Amonution.com Updated 0.0.0.0 to XXX.XXX.XXX.XXX

スクリプトを定期的に自動実行するよに設定する。
[root@KURO-F7 etc]# echo "*/10 * * * * root /usr/local/bin/ddns-update.pl" > /etc/cron.d/ddns-update

ただし、定期的に自動実行するためには、cronのインストールが必要です。

スポンサード リンク

TOPに戻る / メニューに戻る
Copyright © 1999-2011 Amonution  All rights reserved.
Address